*

RSIは使い時に注意を払う必要がある

FXの人気のテクニカルの一つにRSIがあります。

とても分かりやすいテクニカルで、数値が70を超えたら売りサイン、30を下回ったら買いサインである言われています。

ただし、RSIは使い時に注意を払う必要があるのです。

というのも、RSIはもみ合い時に有効なテクルニカルとされており、トレンドに乗っているようなときに使うのは危険なのです。

RSIを使ったことがある方なら誰もが経験することですが、70を上回ったり30を下回ったりしても、相場が戻ることなく、ずっと上方または下方でRSIが停滞し続けてしまうのです。

これまで述べてきたのはRSIの一般的な知識なのですが、個人的にはRSIはトレンドに乗っているときでも使えるものだと思っています。

ただし、このときにはストップの位置を決めることが難しくなります。

もみ合い時なら「それが抜けたとき」という明確な位置があるのですが、トレンドに乗っているときは明確な位置はなく、自身の相場観に頼ることになるケースが多いです。

ですので、初めのうちはRSIはもみ合い時のみに使用し、慣れてきたらトレンド時にも使用する、というのがより良いのではないかと私は思っています。

FXを始めるには